全身にでる症状


アレルギーの発症は個人差があり症状が出る人と出ない人に分かれます。その差は紙一重ですからいつ何時自分にも起きるかわからないという、先が見えない不安や恐怖があります。症状が出安い部位は全身にわたっていますからわけもわからず健康を害した時はアレルギーを疑ってみる必要はあります。

辛そうな女性何に対してのアレルギーなのかは、クリニックを訪れると詳しい検査を通して適切な診断と対応をしてもらえますから、まずは内科を受診してみてください。多種多様な症状が出るとはいえ共通している症状というのもありますから、これを知っておくと不安が少し解消されるはずです。乾燥肌やかゆみあるいはじんましんなどいわゆる湿疹、はなづまりや鼻水もしくは目のかゆみ、くしゃみなどのアレルギー性鼻炎、涙目や目のかゆみなどの目の症状、下痢や腹痛などの消化器系の異常、のどや口のかゆみを伴う口腔アレルギーというのもあります。ぜん息やじんましんおよび腫れなどです。

これらはなぜ、どういった経由で発症するのかは解明されていない部分も多く残されているのですが、花粉やイエダニ、ごきぶり、ペット、食品などが体内に入った折りに異物として判断されて細胞が一斉に攻撃態勢に入ってしまうという症状がおきてきますから、体としてはありがたいのですがアレルギー症状は本人にしてみればとてもつらいですから、アレルゲンに近づかない、食べ過ぎない、過ぎないといった発想の転換が必要です

【参考サイト】横濱関内クリニック:一般内科